真瑠璃の音庭

日常を非日常として ∞ create this moment

銀河新年明けて。

マヤ暦のうち、ツオルキンという神聖暦の新年が今日、七月二十六日だ。

 

ということは、昨日、七月二十五日は、時間を外した日。

 

その、いつでも無い日に、SNSのタイムラインで見かけたことが印象的だったので、振り返りを交えて覚え書きとする。

 

 

(今回の時間を外した日は、ツォルキン二百六十月の二十年を締め括るタイミングでもあったそうだ。)

 

 

ちょうど、自身の最初の結婚話をキャンセルし、現在の結婚生活へ入ろうと決めて準備していた頃からのサイクルが閉じ、新たなるサイクルへと入ったことになる。

 

思いのほか紆余曲折のあったこの二十年。

 

人前でも、日常を非日常として生きることををオープンにしてもいいよ、と、自身から自身へ、かなりの純度で、まるりっと許すことが出来てきたのもこの頃だ。

 

あの二十年を超えられたから、見えてくる景色と動きやすさは、すでに感じ取られている(感覚は大体先取りする氣質なのだ)。

 

それでも、時々、痛んだり足を止める感覚がやってくるのは、新たな一歩を進む為の大いなるリリースの反動。

 

それは次第に、浸透し、波も次第に収まっていくだろう。

 

取り戻した純度とともに、自身の仕事に専念する場を整えてきたのだ。

 

 それはきっと、しばし顔は合さないかもしれないけれど、しっかりとココロに刻まれた遥かなる仲間達も、そうなんだろうと思う。質感やスケールはそれぞれのもので、起こっているのだと。

 

それぞれ、祝福のcreation を新たなるところで✴︎

 

                ・

 

追記

 

銀河新年の目覚め、いくつかシンボリックな夢を見た。

 

湧き水を汲む。そのポイントは小さな川になっていて、近くに小さなお社があり、私は水を汲んでから、ご挨拶し、写真を撮っていた。

 

その流れか、別のタイミングだったか、少し曇って白んだ空に幅広の虹と、細い虹と目が合う。その上空には彩雲も。

 

湧き水と、お社、虹。

 

 

 

 

f:id:micotonote:20170726132348j:image

 

290726