真瑠璃の音庭で星々とうたう

*星間吟遊詩人のうたと日日の記録*

ふと氣になり再びキロンの位置を調べて明らかになったこと。

 

今回の人生。

 

だいたいが、

その時々の必要から調べ、腑に落ちる、という

答え合わせが起こるという寸法です。

 

それはちょうど、螺旋を描きながら、

この人生で関わる幾つかのテーマへ

定期的に接し、徐々に深まる様です。

 

色いろ巡るけれど、その都度驚くほど集中しているのか、

マニアックだな、オタクだな、と自身では思っていたのですが、

 

いくつか巡る分、一点で集中することを思うと、深化は

ゆっくりです。イメージで把握するのは瞬間なのですが、

おそらく左脳で理解することに暇がかかるのでしょう^^;

 

 

+++

 

 

昨夜から、感情的にザワザワしていました。

静かながら、しっかりと根幹に起こったざわめきです。

 

この数年、積極的に引き籠っていた状態から、

自然な流れとはいえ、また、家の外で大勢の人と

関わる様になったことも、もちろん関係しています。

 

一旦動き出したら、どっと流れが起きるのも承知の上でしたが、

その加速度はさすが2017、半端ではありません。何事につけ。

 

 

そのザワザワ。単に背後へ置き、今専念することに

フォオーカスすることでやり過ごすこともできます。

 

でも、自身の内なるキッカケとなる要因を

長きに渡って、見つめ、チューニングを続けてはいるものの、

あいにく決め手に行き当たっていないのでしょう。

 

実際、それは不本意ですが、

結果的にぐるぐるしていることに。。。

 

全く同じところをぐるぐるはしていないとは思いますが、

根本的にチューニングされていないということですから、

今回こそはちゃんと掴みたい、という思いがあって、

無意識にバースチャートを振り返ったりしたのでしょう。

 

もちろん、これまでのプロセスがあって、

たどり着く核心なのですがね。

 

超感覚で捉えつつ、

やはり、心身ともに、把持したいのでしょう。

 

 

バースチャートについては、これまで何度も眺めてきましたし、

独学ながら、多少は詠みこんでいたと思います。

 

ただ、深く入るには、もちろんタイミングもあります。

 

そして、努力するから、早まることもあれば、

かける時間はかけて、ようやく迎えるタイミングもあるのでしょう。

 

もちろんですが、

バースチャートの配置以外の要因もあることを踏まえつつ^^

 

 

+++

 

この度は、5ハウスのキロンが意味するところを

ひとつの単なる情報としてでは無く、

全身全霊で深い実感をもって読み取り、

受け入れていくのを感じていました。

 

それを静かに見守る何かしらさんが、

やれやれとほっとしている様でした。

 

思えば、この5ハウスのキロンが突然疼き始めると、

(もちろん、それ以外のこともあるのだろうけれど)

 

表現を始める度に、突然の硬直が心身に起こり、

キャンセルを重ねてきたのです。数えられないくらい。

 

そういう時、私ひとりの問題ではないことがほとんどでした。

結婚し、3人の子どももいますので、余計に、です。

 

また、私には勿体無いほどのご縁を頂きながらも足を止めることは、

相手の方には申し訳ありません。謝っても謝りきれません。

 

おそらくその辺りが、胸の中でシコリとなっていたでしょうし、

そのシコリをなんとかしようと、思考は一生懸命に意味付けを始め、

罪悪感までもを昇華させようとしたこともあったでしょう。

 

この状況を(目も当てられない;;;)と思ってしまう

タイミングでは、この種明かしは為されなかったでしょう。

仮に種明かされても、そこまで深く入らなかったでしょう。

 

今では、そんな自分をようやく笑えるくらいになったので、

やっとなのでしょう。

 

恥ずかしいけれど、今はまだ、これを不意に誰かに突然指摘されたなら、

心底寛いでやりとりできるかは、自信ありませんが、

多少は、免疫も上がっているかなとは思います^^

 

 

 

こういうことを受け、独りの時間が必要であると感じたら、

自他への影響が最低限に抑えようと本能が動くのか、

即、籠ることを選んでいたのかもしれません。

 

 

5ハウスのキロン。

 

色いろ調べ直すと、

 

のびのびと自己表現したい、愛されたい☆という体験を

幼い頃に積むことができなかったことを示すのが、

5ハウスに入るキロンの様です。 

 

そのまま、自身の子ども時代に当てはまる状況です^^;

 

過度な承認欲求潜在的にあることを自覚しているだけに、

もっと愛されたい、なんて、当然誰にも言えませんし。

究極の恥部でした。

 

ここまで冷静に眺めたり、感情の波が立つ時に、

それを客観的に、満たされない故の承認欲求として

認められる様になってきたこともあり、この

タイミングを迎えたのでしょう。

 

揺り戻しや、揺さぶりはあるものとして、

 

引き続き、素朴な芸術活動を

楽しんでいきます☆ いきましょう^^

 

 

以上、

 

ローワーセルフとの交流帳でした^^