真瑠璃の音庭で星々とうたう

*星間吟遊詩人のうたと日日の記録*

【修正差し替え】原点回帰と想起 * retour・キミ ノ ヒカリ* :文学フリマ京都出店後記②

 
稀有な読者さまにスターを頂きながら
修正差し替えすることとなり;;;
申し訳ありません。
 
 
・・・・・
 
 
まずは、タイトルの原点について。
 
ひと昔、と、よばれるくらい前のことです。
(点時間でいうと、いまも同時にあって、
線時間でいうと、かなり遠い目になりますが。)
 
 
【彩言音*イロノコトネ】と題し、
お氣持ちでお届けしていたモノがあります。
 
その方のエネルギーを感じ、
音×うた×彩り×言ノ葉で響きあう
エナジーリーディングアートワークです。
 
 
当時はmixi時代(現在は退会)。
ご案内へ関心を示してくださった方々へ
何度か、お届けしていました。
 
 
なぜ、このコトを書いたかと言いますと、
 
昨日、文学フリ京都へ出展すると知り、
見にきてくれた友人Xに(ありがとう*)
 
それを思い起こす様なモノを
お届けしたからです。
 
 
昨日は、 
おそらく、かなり未知数の出展へ関心を持ち、
実際に来てくれた友人Xへの感謝として、
何かを表したいという衝動が起こりました。
 
ちょうどその日は、
絵の道具も揃っていましたし、
 
音は出せなかったけれど、
 
なんとなく、今の様子(エネルギー的に)を
描いてみようか、と、私は提案していたのです。
これはかなり珍しいことです。
  
中には、そういうことへ
無関心、あるいは、アレルギー反応を
示しかねない感じの方もいますし、
申し出ることも控えていました。
 
 
それを受け取った友人Xは、とても繊細で、
 感受性がかなり豊かな人。
 
そして、基本、冷静に一言ひとことを発する人、
として、私は認識しています。
 
その友人Xが、今回描きとった絵を観て、
色いろと感想を語ってくれました。
 
それを紹介しても大丈夫か?と確認しましたら、
共有用に、感想まで書いてくれました*
(下に貼り付けています。)
 
或る意味、友人のお墨付きとなった、
そのお届け。
 
 
 満を持し、
 
 
【彩言音*イロノコトネ】のカケラは、
 
エナジーリーディング ∞ アートワーク
retour イロドリ.コトノハ.オトウタ.タイワ
キミヒカリ
 
として、
生まれ変わっていた様です。
 
 
 
どうして、
 
満を持して、
 
とまで書いたか。
 
 
それは、昨年秋、超凝縮されて、
原点に立つ自身と再会し、
ともに協働する様な体験が
あったからです。
 
そして、自身にとっての転換が、
具体的に舵取られるタイミングでもあり、
 
この、キミノヒカリ、という言葉も、
 
その頃、すでに生まれていたのです。
 
その時お会いした何名かには、
お渡したお手製名刺があありまして、
もう嬉しくなって、先走り
ほぼ同じ内容を書き込んでいたのです。
 ↓
エナジーリーディングアートワーク
キミヒカリ
 
でもその時は、モニターを
お願いするまでには至らず、
またしてもお蔵入りかと
思っていたのです。
 
 
そんな中、昨日、友人Xに再会し、
眠りかけたものが、目を覚まし、
さらに、一晩明けても、その感覚が
しっかりと胸の奥真ん中にありました。
 
それもあって、長い長い
サイクルでしたが、
 
本当にここで始まったんだな、
という実感が湧いていました。
 
 
詳細は別の記事にして
 案内させていただきます*
 
 
 
+++++
 
 
 
まず、
 
昨日の友人Xへお届けした絵、言ノ葉と、
感想を共有いたします。
 
 
 
 ・・・・・
 
 感 想 :
 
 今の自分の状態を絵で言い当てられすぎ
 てびっくりしました!
 
 不確かだった部分を確認することがで
 き、後押ししてもらった感じです。
 
 mさんはこれをやって行くのが良いので
 はないかと思いました。
 
 また受けてみたいです。
 
 ありがとうございました!
 
 
 Xより
 
 
 
 ・・・・・
 
  
 f:id:micotonote:20180122152446j:image
 
   ↑
 
   彩 り
 
 
     音も出せる場なら、
  即興うたいおろしや、
  即興弾き語りが響き合います。
 
 
 言ノ葉
 
  ↓
 
f:id:micotonote:20180122152514j:image
 
 
 
 
+++++
 
 
安易に、誰かを言挙げする人でないこともあり、
信頼している友人Xです。
 
ただ、感想を聞きながら、
 
有料でも良いのでは?
ということまで言われながらも、
 
[自分の資質を仕事へ昇華]するという、
私が、最も心することでありながら、
最も自信を持ちにくかった部分でもあり、
確認を重ねていたのです。
 
「だから、かなりいいってこと」
 
と、その話の最後に言われた時、
 
 
これまでにないほどの
明晰感を持って、
 
自身の、或るパターンを
みせられたと思ったら、
 
それは、あっという間に
バラバラに飛び散って行きました。
 
 
そして、
 
今朝、本を頼んでくださった
Sさんへのお礼状を投函しながら、
 
 
自身の内なる確信が、
内外ともにちょこん、っと
子どもがおっちんする様な
鎮座をしていました。
 
 
あんなに怖かったことが、
 
次の瞬間、もう、まったく異なる
トコロにいるのです。
 
 
 
それを後押しする様に、
友人Xさんからも
心強い感想を受け取りました。。。
 
 
ちなみに、この時系列。
感覚的には、ほぼ同時です。
 
 
 
ここまで過ごしてきた日日。
取り組んだことをいちいち
書くことに馴染めず、
 
blogを書いても、どうしても
感覚的なことに終始し勝ちです。
 
ところが、今ようやく、
これまでの積み重ねに胸を張ってください。
 
と、
まっすぐに言葉が届いた感じがしました。
 
この辺りのことについては、また別の記事に
書くことにします。長くなりそうです^^;
 
 
 
 
ということで、
 
 
エナジーリーディング ∞ アートワーク
retour イロドリ.コトノハ.オトウタ.タイワ
キミヒカリ
 
 
必要な方へ届きます様に。
よろしくお願いします*
 
 
 
merci
 
300121-22